わたしの本棚

マネージャー5年生の「ビジネス書を読んで、スキルを磨こう!」ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
孤独と不安のレッスン
ふと書店で立ち寄って気になって買った。
前向きの不安と後ろ向きの不安。本物の孤独とニセモノの孤独。
対比された言葉に惹かれた。

不安がないという状況はありえなく、年々その不安や孤独が積み重なっていく。
子供の頃よりも不安や孤独に対する耐性も強くなってきているんだとは思う。
でも、不安や孤独に傷ついたりするのは、
不安や孤独がより深くなっていっているからかも、
他者が絡んできてるからかも、、。

ヨガをはじめて、呼吸を整えることから自分と向き合うことが増えてきた。
シャバアーサナ(屍のポーズ)をして、静かな時間・深い呼吸に
自分の中の闇というか孤独感や、不安感が20代の頃と変わってきていることを感じはじめていた。
そんな中でこの本に出会えてよかったと思う。

不安な気持ちを感じることや
孤独を感じることは止められない。
これからも感じていくだろう。

だがその感情を「前向きの不安」「本物の孤独」かどうか、自分に問うだけでも
自分自身を受け止めるきっかけになるような気がする。

【今日の一文】みんな、孤独と不安に苦しめられているからこそ、
自分の不安と孤独を打ち消そうとして、必死なのです。
| kabookshelf | 自己啓発 | 16:58 | comments(0) | - |
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
評価:
マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン
日本経済新聞出版社
¥ 1,680
(2001-12-01)

ストレングスファインダーというのをご存知でしょうか?

最近、本屋さんでも平積みされていることが多くて、見かけた方も多いのでは?

(勝間さんも推薦されているので、あちこちでも噂になってますね)


以前から気になっていたのだが、人事考課の季節で考えるところがあったので買ってみた。


この書籍は表紙の裏側にシリアル番号が印刷してあり、

ネットで自分の強みを判別できるというもの。

(うまい仕組みだなあ〜)


さて、私の強みは以下の通り。



戦略性

収集心

自我

コミュニケーション

内省


という感じ。


乱雑な状況の中どういう風に進めばいいのかを分かりやすく発見し提示する。状況を確認し自分の中で選択と切り捨てを繰り返しプランを練る。言葉やアイデアをストックすることが好きで、読書家。情報を手に入れ・集め・整理し・保存することがなによりも面白いと感じる。独立心が強く、認められたいという欲求がある。説明すること、描写すること、進行役をつとめること、書くことが好き。考えることが好き。


ふとこの5点を見ていて気づいたこと。

それは過去に誰かかから「ほめられたこと」は、すべてこの5点のポイントだったということ。


他人が私に対して「ここがいいね」と言ってくれたこと。

わざわざ口に出してほめてくれたこと。

自分のことは自分が一番分かっているようで分かっていないことも多い。

他人には私の長所は私よりずっと明確に見えてるんだな、と改めて感じた。


振り返ってみれば、この強みであげた5点に関しては、

あまり苦もなくできる(ような気がする)。

収集心の部分なんて、特にそう!!


情報を集めて整理して保存していくという過程が、楽しくてたまらない!


情報をインプットして、自分で処理して考えて、アウトプットするというサイクルが

この上もなく楽しい時間というのを知っていたので

自分の強みに「収集心」を見たときは強くうなづいてしまった。。。


じゃあ、この5点を活かす仕事は何か、、、と考えたとき、

私が導いた答え。


それは「今の仕事が、、、、強みを活かせてる??」


私は今、部下を抱えるマネージャーとして働かせてもらっている。

部門の方針を考え、未来を想像し、プランを考え、情報を集め

みんなに説明し、進んでいく。


5つの強みを活かす場面が多く、自分の強みは後天的に育ったのではないかと思うほど。


うーん。


つらくてほんとどうしようかと日もあるけど、強みをこんなにも活かすチャンスがある

ポジションなんだなと改めて振り返る。


| kabookshelf | 自己啓発 | 20:54 | comments(0) | - |
レミーのおいしいレストラン
評価:
ルー・ロマーノ. パットン・オズワルト. イアン・ホルム. ブライアン・デネヒー. ピーター・ソーン,ブラッド・バード
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 2,486
(2007-11-14)
JUGEMテーマ:ビジネス


とてもたくさんの「気づき」がある映画だった!

この映画には、仕事に関することがたくさんでてくる。

自分の夢、適正、メンターとの出会い、パートナーとの出会い、努力、やっかみ、成功、慢心、恋愛、逆境、チームワークなどなど。
仕事をしている上で、いろんな形で出くわす物事がこれでもかっというくらい出てくる。

なんといっても主人公(のねずみ)のレミーのすばらしさ!
自分のやりたいことに素直な姿勢も素敵だし、
メンターの教えに対して、素直に即行動するところも素敵。


体調を崩し、ちょっと凹んでいたので特にかもしれないけれど、勇気づけられた。

ディズニー映画なので子供向け?と思わず、ビジネスパーソンにぜひ見てほしい1本。
今回はビジネス書ではないですが、おすすめ(^_^)
| kabookshelf | 自己啓発 | 19:40 | comments(0) | - |
道をひらく
評価:
松下 幸之助
PHP研究所
¥ 914
(1968-05)
「迷ったとき悩んだとき、自分の帰る文献であったり歌であったり
 そういうものを見つけなさい」
という教えを、ずいぶんまえに上司から受けた。

自分に取って帰る場所ってなんだろうって考えたとき、たどり着くのがこの本。



眠る前にすこしでもいいから読む。そうすると、心が落ち着く。開いたページにそのとき欲しい言葉がある。

一番最初にでてくる「道」という節。
何度、音読したかわからない。読むごとに心に静寂と活力が流れ込んでくる。すばらしい本。いつもありがとうって思う。
| kabookshelf | 自己啓発 | 22:53 | comments(2) | - |
「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
社会人になってからの方が、なにかを学びたいという気持ちが高くなってきたような気がする。

いろいろ役に立つ方法が載ってたのだが、すごく気になったのが勉強時間捻出のくだり。勉強時間を作るにはどうしたらいいのか?の問いに「テレビを見ないこと」とばっさり。

・1日テレビを2時間見る(休みの日は5時間見る)→1年で61日はテレビを見ている計算(1年の約17%)
だそうです。

気になったのでさらに計算してみるわたし。
・61日分の時間を読書にあてるとしたら→41冊の本が読めることになる
 (1.5時間で1冊読むと計算)
・いま30歳の人が80歳まで生きるとして、テレビを見ない分読書したとしたら
 →2050冊の読書ができる!!
こわい。習慣は第二の天性とは良く言ったものだ。

一昨年、HDDレコーダーを買った。これはテレビを効率的にみたいから買った。見たいなと思った番組は撮り貯めておいて、週末にまとめて2時間くらいでざっと見る。(もしくは食事中にちょっと)
これをすることで、かなり読書する時間も増えたし、勉強する時間も増えたのを思い出した。テレビを見る時間ってすごいね、、。

【今回の気になる一文】
人間の身体は食べた物が栄養になり、その栄養の質で身体の成長や健康が大きく左右されます。同じように、人間の脳はインプットされた情報が栄養になり、その情報の質で人格や能力が大きく左右されます。周りの環境、またはインプットされる情報の質の違いで、考え方に差が生まれます。
| kabookshelf | 自己啓発 | 22:03 | comments(0) | - |
レバレッジ勉強法
評価:
本田直之
大和書房
¥ 1,365
(2007-09-25)
レバレッジシリーズの勉強法。(すでにレバレッジというのがブランドになってるね!)

コマで区切る、なりたいところからの逆算、時間割りを作るなどなど。ちょっと、他の勉強法の本を読んだ方は既知の部分もあるかもしれないけど、はじめて読む人にはいいかも。

読むだけじゃなくって、やってみないとね。

とりあえず、やってみること。雑誌の切り抜きはファイリングしない!
なんとなくきちんと切ってファイルに入れなきゃと思ってたけど、やめようかなぁ。
きちんとファイルしてもあんまり見返してないしねぇ。まねっこ。

【今回の気になる一文】
ていねいにやらない。ファイリングしない。
| kabookshelf | 自己啓発 | 19:24 | comments(0) | - |
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
一言で言うと『熱かった』

この本がベストセラーなのは知っていた。
本屋さんで何度も手にとってはみたが、なんとなく買わずじまいだった。
おととい、新幹線に乗るのに本がなかったので、ふらっと寄った本屋で手に取ったら、強烈な勢いで引き寄せられた。
出会いとはこんな感じなのね。


私も手帳は手書き派。幾度となくデジタル化を試したけれど、「目的=とどめておきたい」という用途よりも「手段=どのように使うか」のほうが煩雑で、断念。

熊谷さんのように気持ちを自分の気持ちを込めるのはすごく納得がいく。
この「書いた思いは力になる」というキャッチコピーが気持ちを後押ししてくれる。

語り口は柔らかく、文章としてはすぐ読めるんだけど、熊谷さんの問いかけにひとつひとつきちんと答えていくと非常に時間のかかる本。
でも、その時間をかけるだけのことは自分に返ってくるような気がする。

【今回の気になる一文】
夢をアタマから締め出した時点でもう、夢に向かう行動力が奪われてしまわないとも限りません。
| kabookshelf | 自己啓発 | 22:17 | comments(0) | - |
3年後“なりたい自分”になれるドリームマップ―あなたの夢が必ずかなう自己イメージのつくり方
SNSで「ドリームマップ」というものをよく見かける。なりたい自分を雑誌の切り抜きや文字などでコラージュして、気持ちを視覚化して、目標を叶えようというもの。
http://www.dream-map.info/what_is_dmap.html

いろんな人がやっていて「叶った」ということを書かれていたので気になっていた。自分がなりたいものを「絵・写真」で見えるようにすることって、自分を励ましてくれるものになるんだろうな。やってみようかなと思う。

【今回の気になる一文】
仕事で課せられる目標も、数字で攻められたり、自分自身を数字で追い込むと苦しくなりますが、「数字を達成したとき何が起こるのか?」と、数字のその先をイメージすると楽しくなるのです。
これは、「やらなければならない(MUST)」を「したい(WANT)」に変えるちょっとしたコツなのです。
| kabookshelf | 自己啓発 | 18:00 | comments(0) | - |
オリジナル・ワーキング
評価:
高橋 宣行
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,470
(2007-03-20)
ページ数は薄いが、中身のしっかりつまった「味のある」一冊。こちらの本の前にでた「オリジナルシンキング」もかなり濃厚な本だった。その濃厚さは今回の「オリジナルワーキング」でもしっかり引き継がれている。

本のテーマは「独創的仕事人になるには」
そのセオリーはとてもシンプル。
・知る
・想う
・創る
・動く
この4つだという。
たしかによく考えれば、そのステップを踏んでるのだけど、こうして整理して提示してもらうとすごく新しい気づきとなる。
難しい事を理論的にいろいろと述べられるよりも、だんぜんこちらのほうが分かりやすい。


書いてあることは大切な事ばかり。
他のビジネス書は一度読んで、A4一枚にまとめてそれを読み返すのだが、この本はそれができない。時間があれば読み返している。最近いつもこの本が鞄にはいっている。何度でも読みたい。

読みやすいリズムのある文章。分かりやすい図。手書きの文字。適度なアナログ感がとても気持ちいい。本の作りとしても素敵。さすが、ディスカヴァー・トゥエンティワン。
| kabookshelf | 自己啓発 | 10:55 | comments(2) | - |
伝える力
評価:
池上 彰
PHP研究所
¥ 840
(2007-04-19)
よかった!池上さんはテレビで拝見したことがあるが、やさしいなかにも潔さのある、懐の広く、目線を相手によって臨機応変に変えれる力をもった話ぶりがすきだった。
本もまさにそう。
「難しい事を簡単に、簡単な事をより深く」を実際にされていた。取り入れたいな。

【今回の気になる一文】
何かを調べるときには、「学ぼう」「知ろう」という姿勢にとどまらずに、まったく知らない人に説明するにはどうしたらよいかということまで意識すると、理解が格段に深まります
| kabookshelf | 自己啓発 | 23:45 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE