わたしの本棚

マネージャー5年生の「ビジネス書を読んで、スキルを磨こう!」ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
右脳でわかる! 会計力トレーニング
今日セミナーを受けて、そのなかで紹介いただいた本。
私にとってはずっと決算書がクリアできない壁で、
いろいろ読んでもなんだかこう「しっくりこない」ものであった。

この本は図がたくさんあり、読みやすい!いい!!
図解派の私にはぴったり。

この本の楽しみ方は、他の会計の本も読みつつ、図で脳みそに定着させるという使い方がいいかも。

yahooのファイナンスにも図化の機能つけてくれないかな〜。
何社かクリックして「図で表示」ボタンを押すと、グラフ化してこの本のように図で比較できる。FLASHあたりをつかったらできそう?

こんなサービス、どうかなー?


【今回の気になる一文】
(中略)簿記が絶対に必要なのでしょうか? 私はそうは思いません。まず必要なのは、決算書の「読み方」だと思うのです。
でも世間には「簿記=作り方」の教材は多くても、「読み方」を楽しく学ぶ教材がとても少ない。そこで生まれたのがこの本です!
評価:
田中 靖浩
日本経済新聞出版社
¥ 840
(2007-03-24)

| kabookshelf | 会計・数字 | 22:34 | comments(0) | - |
知識ゼロからの経済学入門
経済学の授業にすっかりやられていたので、
これはどうにかこの状況を打破したいと思って手に取った。

イラストがふんだんで、分かりやすい。

需要曲線とかGDPとか需要の価格弾力性とか、
テキストだけではイメージがつかみにくかった部分の補完に使いたい。
| kabookshelf | 会計・数字 | 21:36 | comments(0) | - |
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
図書館で借りたのだが、すぐに返してしまった。なぜか? それはこの本が借りて読む本ではなく、自分のお金で買う本だったから。ボールペンで線を引いて、しっかり読みたかったから。図書館に返却に行ったその足で本屋で購入。

突然社長に就任することになってしまった主人公が、「経営ってなに?会計ってなに?」の状態からさまざまな事を学んでいくビジネスストーリー。内容が淡々と書いてあるのではなく、ストーリー仕立てになっているので、とっつきやすかった。私にとって会計を学ぶということは、この主人公同様”必須課題”。主人公とシンクロしつつ一気に読んだ。読了はしたけれど「自分のもの」になっていない。何度も読んで、自分のものに出来るようがんばろ。

【今回の気になる一文】
利益は意見。しかし、キャッシュは事実。
| kabookshelf | 会計・数字 | 00:01 | comments(2) | - |
金持ち父さん貧乏父さん
評価:
ロバート キヨサキ
筑摩書房
¥ 1,680
(2000-11-09)
とりあえず読んでおけ、って前の上司より。全部読み切ってないんだよね、じつは。よもうかな。
| kabookshelf | 会計・数字 | 19:07 | - | - |
あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編
はじめて買った会計関連の本。読み物としておもしろい。
| kabookshelf | 会計・数字 | 12:55 | - | - |
<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
読みやすかった。何度か読んでものにしたいなぁ。
| kabookshelf | 会計・数字 | 12:51 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE