わたしの本棚

マネージャー5年生の「ビジネス書を読んで、スキルを磨こう!」ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 01月号 [雑誌]
 衝動買い。

”世界から「仕事」が消えていく”と”ハーバード大学1日留学”の
2つの特集に興味があって買った。

ソフトウェアが良くなるにつれ、自分たちの仕事が取って代わられる危機を
強く感じている身としては非常に分かるテーマだった。

人の気持ちをパッケージングすることが大事か。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 21:46 | - | - |
PRESIDENT (プレジデント) 2012年 12/17号 [雑誌]
 先日、同僚が「女性からみてもっと配慮がいるところってある?フィードバック欲しい」と
言っていたのが気になっていた。

性別で分けるのもどうかなーと思う反面
たしかに考え方の「くせ」みたいなのはあるなとも思って
買ってみた。

怒りの持続力は男性より女性の方が長い人が多い。
怒りのモチベーションは女性は傷ついたプライド、男性は会社のポジションなど。
そうかもなーと思う部分も多かった。

同僚に貸してみよ。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 21:32 | - | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 11/20号 [雑誌]
JUGEMテーマ:ビジネス


「牧野正幸の反常識の成功学」という連載がとても好きで楽しみにしている。
がつん、と筋の通った感じの連載で、気づかされることが多い。
牧野正幸さんの強い意見を読むと心地よい。
人によっては嫌いという人もいるかもしれないけど、私は好き。会うと緊張するけど、かっこいい男の人っているよねぇ。

今回はHOW TOについて。
成功法則を読んでも実際に適用できないのは、HOW TOを覚えるだけで、使う練習をしていないからだ、という。

自分の身を振り返っても、そう思う。

たくさん本を読んでも、やらないと意味がない。
「やらされる」ではなく「やる」でないとだめ。

あっ、めんどくさー、って思っても、やってみないと次に進めない。
最近フットワークが落ちてる自分には、このことは「がつーん」てきた。

会社でCEOが良く言う言葉。
「”めんどくさい”は金になる」
名言だと思う。

成功法則を読んでるばかりじゃーねー。あかんね。

成功というのは終わったときに分かるもので、
成功者と呼ばれている人はその人たちが立っているレベルで常に「渦中」だ、ということすらも忘れていたよ(>_<)


日経アソシエは定期購読してて、もうすぐ期限がくるんだけど、来年も頼もうかなー(笑)
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 23:32 | comments(0) | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 11/6号 [雑誌]
手帳特集。先日、手帳を一新したのでBINGOな特集!うれしい。
人の手帳を見るのって、ちょっとどきどきしちゃうんですよね〜。
薄い手帳のひと、デジタルの人、使い分けの人などなど、いろいろ参考になることたくさん。
今回は小さい手帳が付属でついてた。役立つ情報が載っている。出版社の方にちょっと申し訳ないんだけど使うとこだけ切り取らせてもらおう(笑)


あと、気になったのが男性の育児の記事。男性の育児休暇取得率って0.57%だったってことに驚く。200人に一人、って感じかぁ。ちょうど自分の部署で男性で育休を取得した方がいて、それはその0.57%なのか、、、と思って驚いた。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 00:07 | comments(0) | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 10/2号 [雑誌]
人脈特集。
実は、人脈という言葉に私はネガティブなイメージを持っていた。なんていうか、人を利用する的なイメージとでも言うか。
だから人脈を拡げようというような内容の記事は、ちょっと引き気味で読んでいた。


でもちょっと立ち止まって考えてみた。


友達の友達と一緒に飲んだりして、気があって、いろいろ楽しい話をする。
そのことでお互いにいろんな世界が広がる。
その人が困ってるときにちょっと力になってあげれたり、有効な情報をやりとりする。
こちらが困っているときに助けてもらったりする。


これも人脈を拡げるということだなと。自分もやってることだなと。


いろいろ世界が広がることが人脈を拡げることだとしたら、そんなネガティブなイメージを持たないほうがいい気がして来た。

そういう切り口で見ると、今回の記事がちがったものに見えてきた。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 16:59 | comments(0) | - |
PHP カラット 2007年 09月号 [雑誌]
出張の移動中に購入。品格&オーラの磨き方。


最近、「品格」という言葉の登場回数の多さに驚く。国家の品格、女性の品格、ハケンの品格などなど。

なぜこんなにも品格をほしがっているのか、しばし考えてみる。


・さまざまな側面で競争が激化。自分ブランドを確立する必要性大。
・がつがつしている様を見せるのは嫌。でも中は熱い人のがいい。cool&hotの二面性を手に入れたい。
・スマートさを求められる局面が多い。
・女性の品格は20代前半の購入が多いらしい。上の世代(私の世代orもっと上)ががつがつしてて嫌、自分はキレイに咲き誇りたいという欲求?
・いろいろなものを手に入れたい。しかもスマートに、という欲求が高い。
・他の人が持っていないもので、圧倒的勝利(のようなもの)を手に入れたいと思っている。外見ではなく、内面の美が欲しい?

などなど。


品格ってなんだろうなぁ。私としては気配りが出来る人のことかなぁ。もしくは、超えられないオリジナルのものを持っている人。遠い道のりだな〜
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 17:15 | comments(0) | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 9/4号 [雑誌]
8月はビジネス書を読まない月だったなぁ〜。通信教育をしていたからもあるし、他の趣味にかまけていたこともあるし。
まっ、何事もむりせずに、気持ちのアツイときにチャージするほうがいいからよしなのである。


ということで、今回の日経アソシエは前倒し仕事術とレバレッジ仕事術の仕事術2本だて。レバレッジと書いてあるように、本田さんが載っていた(正直、イメージと違う人なので驚いた)

前倒しができてる仕事は、うまくいくことがおおいのよねぇ〜。時間に余裕があるから完成度も上がるし、焦らないのでうまくいったりする。段取りって大切。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 10:04 | comments(0) | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 8/21号 [雑誌]
今回の特集は打ち合わせについて。
社会人をしている上で避けて通れない打ち合わせ。係長になってからは会議の数は飛躍的に増えた。(きっと就業時間の40〜50%は会議のような気がしている)

この一冊は、かなり買い。
会議で必要なテク(付箋に書き出す、分類する、事前の用意などなど)がもれなく書いてある。正直、この一冊に書いてあることを実行していくことに会議が10%づつくらい、生産的になるだろう。

ランニングハイのような「頭すっきり会議」に出会える頻度も高くなる!
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 21:28 | comments(0) | - |
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2007年 8/7号 [雑誌]
ライフハックとはビジネスパーソンにとってなんなんだろう?

最近、仕事をしていて特に強く感じていることだが、
仕事が速くなるこつはなにか一つの大きな必殺技ではなく、小さなジャブの積み重ねではないか?ということ。
もちろん、速いパソコンを買ったとか、より良い仕事の環境を得たのでというような理由で仕事のスピードが変わることもあるだろう。でも、いくら環境が変わっても、使う人の使い方が以前と同じだと劇的には変わらない可能性もある。

小さな技の積み重ねが仕事のスピードをちょっとづつあげていって、結果「速くなった」を感じれるのでは?
日日是カイゼン。

キーホルダーに小さいペンをつける。付箋をお財布に忍ばせる。良かったグラフなどを切り取っておくなどなど。
IDEA HACKS、TIME HACKS、PLANNING HACKSなども読んでいるが、仕事に取り入れるとなかなかスムーズにいくことも多く、役立っている。

ライフハックとは「職人芸を仕事に取り戻す運動」だと上記3作の著者はいう。 私はライフハックはビジネスパーソンにとっての「伊藤家の食卓」だと思った。職人芸の方がかっこいいな(笑)

あと気になったこと。今回の編集後記で、、
「ライフハック特集に当たって、文具メーカーの方々に取材をしました。(中略)既により使いやすく設計された製品が多種多様に出てきました。でも単価が安く費用対効果で広告が打てないため、知られずに廃盤になることもおおいとか。」
というような下りがあった。そうか!そうなのね!と目から鱗。素敵な文具は仕事の友。勢いでmixiのコミュに入ってしまった。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 22:46 | comments(0) | - |
日経 WOMAN (ウーマン) 2007年 08月号 [雑誌]
『人生を変える最高の本』読書好きの私はタイトルに惹かれて買った。メイン特集ももちろんおもしろかったが、サブ特集の『ストレスに負けない自分になる』も興味深かった。P100に載っている『メンタフダイアリー』はいい!早速、ユーザー登録してみたが、自分の考え事のクセが分かりそう。生理の周期とリンクさせると、気持ちのバイオリズムがはっきりしそう。使えるかも。
まず文字にして自分の気持ちを出すこと、見つめること。大事だ!!

【今回の気になる一文】
同じことでもプラスにとらえたり、マイナスにとらえたり、人には物事のとらえ方のクセがあります。こに日記を使うと、それを改善できるんです。一つ一つ書き留める中で心のクセを自分で分解して理解する。そうすることで不安や心配が緩和され、対処法が見つかります。
| kabookshelf | ビジネス雑誌 | 23:38 | comments(2) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE