わたしの本棚

マネージャー5年生の「ビジネス書を読んで、スキルを磨こう!」ブログ。
<< 無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法 | main | 「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
道をひらく
評価:
松下 幸之助
PHP研究所
¥ 914
(1968-05)
「迷ったとき悩んだとき、自分の帰る文献であったり歌であったり
 そういうものを見つけなさい」
という教えを、ずいぶんまえに上司から受けた。

自分に取って帰る場所ってなんだろうって考えたとき、たどり着くのがこの本。



眠る前にすこしでもいいから読む。そうすると、心が落ち着く。開いたページにそのとき欲しい言葉がある。

一番最初にでてくる「道」という節。
何度、音読したかわからない。読むごとに心に静寂と活力が流れ込んでくる。すばらしい本。いつもありがとうって思う。
| kabookshelf | 自己啓発 | 22:53 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:53 | - | - |
「道」いいですね。ネットで「道」を見ました。うーん「自分の生き方」を後押ししてくれる言葉ですね。なんか、うれしい気持ちで満たされました。
| のぶおう | 2007/10/26 10:37 PM |
のぶおうさん

コメントありがとうございます。「道」は力強く後押しをしてくれる言葉だと思います。

嬉しい気持ちで満たされる。ほんとにその通りだなと改めて思いました。
| kabookshelf | 2007/10/27 2:30 AM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE